研究テーマ

有機化学研究室では、有機金属化学や分子触媒化学を基盤に、環境調和型の精密合成プロセスを構築可能とする高性能分子触媒の設計・合成と、その特徴を生かした有機高機能材料の創成に関する研究に取り組んでいる。また、炭素-炭素結合形成などの精密合成反応を達成する上で重要な鍵を握る反応性の高い有機金属化学種の合成と反応化学に関する研究、光を駆動力とする合成手法を構築する新しい有機金属光触媒の開発、優れた光・電子機能を発現する新しいπ共役系化合物の合成と特性解析に関する研究にも取り組んでいる。

(1)高性能分子触媒による環境調和型の効率合成法の開発や高機能材料の精密合成
有機金属化学や分子触媒化学を基盤に、特にオレフィン系高分子機能材料やファインケミカルズ(医農薬や電子・光学材料などの精密化学品など)を、副生物をできる限り削減して、効率よく合成するための高性能分子(錯体)触媒の設計・合成、及び触媒の特徴を生かした有機高機能材料の精密合成と特性解析に関する研究に取り組んでいる。

(2)高反応性有機金属化学種の合成・同定と反応化学
合成化学における重要な素反応である炭素-炭素結合形成反応の重要な反応中間体である金属-炭素結合を有する反応中間体の単離・同定・構造決定とその反応化学や反応機構解析を通じて、関連の有機金属化学の学理や高性能分子触媒の設計指針の確立を目的とした基礎研究に取り組んでいる。

(3)新しい有機高機能材料の精密合成と特性解析
有機π電子系化合物は、その共役系を利用して特異な物性や機能を示すことが可能である。このような新しい性質が期待できるπ電子系化合物を分子設計し、効率炭素-炭素結合形成を基盤とする精密合成と特性解析に関する研究を通じて、新奇材料の創製や特異な機能の発現機構に関する基礎研究に取り組んでいる。

内容:有機金属化学、有機合成化学、反応有機化学、分子触媒化学、有機金属光触媒、新しい有機高機能材料の開発、分子触媒の特徴を生かした新規精密合成反応の開発と機構解析、新しい有機金属化学種の合成と反応化学