研究室概要

有機化学は「炭素化合物の化学」であり、有機化合物は「炭素、水素、酸素、窒素を中心とする比較的簡単な元素組成の分子を構成要素とする物質群」であると定義されますが、それらの結合を使って極めて多様な構造を持つ化合物をつくり得ることが知られています。当研究室では、有機金属化学や分子触媒化学を基盤に、環境調和型の精密合成プロセスを構築可能とする高性能分子触媒の設計・合成と、その特徴を生かした有機高機能材料の創製を目的に研究に取り組んでいます。また、構造有機化学や有機機能材料化学を基盤に、電気伝導性、磁性、光学特性、半導体特性といった機能を有している新しいπ共役系化合物の創出を目的とした研究にも取り組んでいます。このようにして、化学の根幹をなす「新しい化合物群を創出する」ことを念頭に研究を行っており、化学物質のもつ新しい機能の発現を目指しています。具体的な課題は以下の通りです。

(1) 高性能分子触媒による環境調和型の効率合成法の開発や高機能材料の精密合成
(2) 電気伝導性、磁性、光学特性、半導体特性などの機能を有している新しいπ共役系化合物の設計・合成・機能評価

内容:有機金属化学、有機合成化学、構造有機化学、反応有機化学、分子触媒化学、光錯体触媒、有機典型元素化学、新しい有機高機能材料の開発、分子触媒の特徴を生かした新規精密合成反応の開発、新しい有機金属化学種の合成と反応化学
(首都大学東京 大学院理工学研究科 分子物質化学専攻 有機化学研究室)